死なないための家、骨折するテーマパーク(荒川修作) - 気づきのために、あるいは浄化の手法など、自分でできること
FC2ブログ

死なないための家、骨折するテーマパーク(荒川修作)


三鷹天命反転住宅2



昨日、友人とFacebookで荒川修作氏の三鷹天命反転住宅」の話題で盛り上がっていたら

今朝、TVにスイッチを入れた途端に飛び込んできた、この画像!

昨日の今日で、間違いようもなく「三鷹天命反転住宅」そのものでした。

思わず写真撮ってしまった。

びっくり。



まん丸の部屋とか、でこぼこで傾斜のついた床とか。

さまざまな仕掛けがあって、子供は楽しみ、大人は戸惑う家。

昨今流行りのバリアフリーの真逆の家。( ´艸`)ムププ


三鷹天命反転住宅1


身体に染みついた、当たり前の感覚をひるがえす設計の「死なないための家」。(リンクの記事を読むと、そのコンセプトがよく分かります)

若いときの戦争体験から「人が死に至る宿命(天命)を反転させることを目指していた」と書かれていました。




荒川修作氏と言えば、20年以上前に岐阜県養老町にオープンした『養老天命反転地』をすぐに思い出しますが

ここもアート作品でありながら、体験型テーマパークのような施設で

やはり子供は喜んで遊びまわるけど、大人は悪くすると骨折するそうです(´m`)クスクス

天地が反転している建物や、起伏の激しい、すり鉢状の園内。


養老天命反転地ミライノシテン


写真で見るだけでもその造形の面白さが伝わってきます。(ミライノシテンよりお借りしました)

リンクの記事には、失われた危険が存在する場所と書かれてあります。

ここでは身体の感覚を研ぎ澄ますことが求められ

すると思考はどうしても過去や未来に囚われずに、いやでも今ここにあるしかなくなるという

そうでないと骨折の悲劇に見舞われるかも知れない!




三鷹の天命反転住宅も、岐阜の天命反転地も、どちらも無意識でいられなくなる場

人を眠りから覚ますための仕掛けが満載の、今ここ体験のための場なのだなあと思えるのです。

(だって「死なないための家」とは、身体の感覚を研ぎ澄ます以上に、純粋意識=決して死なない自分、に目覚めることと即分かります。)

楽しみながら今ここを実感できるって、素晴らしいよね。

でも、そう、それに気づくのはあなた自身でしかないんですよ~ヾ(>▽<)o







●クリックで誰でも遠隔ヒーリング
クリックで誰でも遠隔ヒーリングの説明はこちら


↓ ↓ ↓ 
一日一回20分間の「基本ヒーリングシャワー」が流れます


癒し・ヒーリングランキング

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「基本スティルネスヒーリングシャワー」が流れます

スピリチュアル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「浄化シャワー」が流れます

スピリチュアルヒーリング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村







覚醒へ向けての個人セッションと浄化用のヒーリングも提供しています。

ほんとうの自分へと帰る旅にご招待します。

無思考=無我=覚醒のための、サイレンスレゾナンスセッション

ヒーリングシャワー

こちらからどうぞ。。 沙羅双樹HOME





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment