自分の影から逃げ切る - 二元と非二元、私と本質の私のあれこれ
FC2ブログ

自分の影から逃げ切る


椿ピンク絞り




人は夜、眠って夢を見ます。

日中にあったことを脳が整理するために見る

なんていわれます。

覚えていてもいなくても、夢の中ではいろいろな場面設定で

登場人物もさまざまに現れてきます。



この世界は、あなた自身が創造している幻想世界なので

夢に出てくるのも全部がぜんぶ、まさに幻想です。

でも、あなたが夢の登場人物であるとき

決してこれは幻想だとかって、思いません。

日常でも、これは幻想だと思っていないようにね。



夢の登場人物は全員が自分自身であり、ペルソナ(仮面)であり、影です。

さまざまな役割を演じている分身なわけです。

また、山は人生を象徴していたり、森は潜在意識のありようを示したりします。

海は精神世界の象徴であり、海を潜るのは心の内深く潜っていくようなことでしょう。

家は身体と云われます、家のどこで何をしているか。

そんなことを思いつつ、夢を振り返るのも楽しいかも知れません。



夢の場面で怖い思いをすることがあります。

子供の頃はよく怖い夢をみたりしますが

大人になると、だんだん少なくなったりもします。

何かに追いかけられる夢。

逃げても逃げても追いかけてきて、逃げ切れない怖さ。

怖くて怖くて声を上げて目が覚めた、なんて記憶があるかも知れません。



夢の中で追いかけてくる、その何かも

あなた自身であり、あなたの影であるわけです。

なので、夢で追われたら決して逃げ切れません。

自分自身から逃げ切るなんて、できませんからね。



さて、できないと、たった今言った同じ口で言います。

自分の影から逃げ切るには、どうしたら良いでしょうか。

二元、二極のこの世界では、光があるから影があるわけです。

それがヒントです。



つまり、光源が一か所だと影ができるわけです。

なら、四方八方から光を浴びればいいのかしら。

何かよさげな気がしますよね。

でも、もっと良い方法があります。



それは、あなた自身が光源になることです。

光そのものになること。

そうしたら、あなたの影はなくなるわけです。

つまりそれが本来の、一元のあなただということです。



二元の視点であればこそ、影ができる。

ここでは光と影があるから、喜びと苦しみがあるのです。

自我であるからこそ、苦しみや辛さがあるわけです。

光から落ちてきた(完璧さから落ちこぼれた)という悔い。

光になりたい(まだ足らない、もっともっとという)願い。

それが良いとか悪いとかの話ではありません。

ただそういう原理に生きているのが、ここだということです。



二元を超えたら、そこは光しかありません。

そこに還って、そこに気づいて生きるなら

もう影があなたをおびやかすことはなくなるでしょう。

それが覚醒への道、というわけですね。





椿ピンク絞り2



あるようで、ない。

ないようでいて、ある。

一元で、肉体をもって生きることは、できないけれど

ここで、本来の自分自身に気づいて生きる生き方は、あるんです。













●クリックで誰でも遠隔ヒーリング
あなたが緊張やネガティブな思考、体調の悪さから解き放たれますように!

クリックで誰でも遠隔ヒーリングの説明はこちら

※1/26日より、ヒーリング内容を少し変更しました。

↓ ↓ ↓ 
一日一回「基本ヒーリングシャワー」と「浄化シャワー」
各10分づつ
合計20分間のヒーリングが流れます


癒し・ヒーリングランキング

↓ ↓ ↓
一日一回「基本スティルネスヒーリングシャワー」と「浄化シャワー」を各10分づつ
合計20分の
ヒーリングが流れます
スピリチュアル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村





次元を超えて、ほんとうの自分へと帰る旅にご招待します。

覚醒へ向けての個人セッションと浄化用のヒーリングも提供しています。


無思考=無我=覚醒のための、サイレンスレゾナンスセッション

ヒーリングシャワー

こちらからどうぞ。。 沙羅双樹HOME





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment