痛みを超える - 二元と非二元、私と本質の私のあれこれ

痛みを超える


隙間



私たちが、ここに現されている

個人であると思い込んでいる自分を超えようとするとき

どのタイミングであれ

「仕舞い込まれた痛み」を超えることとなるでしょう。

それは抱え込んでいる、ねばならい(信念)や、べき(観念)を獲得した

そもそもの原点体験であったその瞬間に、改めて向き合わされることです。

傷ついたそこから学んだそれを、改めて見つめる必要に迫られるわけです。

軽いものだと知らないうちに落ちたりしても

重たいものだと、どうしても無視できない瞬間がやってくるように感じます。



どれだけ古い体験と思っていても

どれだけ時間が経っていると思っていても

その体験のその痛みは、今ここにあるのです。

いえ、今ここにしかないのです。

そのために、必然的に今ここでその傷は痛むわけです。

その傷の痛みが大きければ大きいほど

その時に獲得した自分なりの決め事も、厳しいことでしょう。



ですが、ほんとうに幸いなことに

その傷もその痛みも

間違いなく「幻想」でしかないのです。

なので、ひとたびそれと向き合って気づかれたならば

それはもう浄化昇華されて、消え去るしかありません。

何となれば、そのためにわざわざここに出てくるのですから。



気づかれるために

手放されるために

それは表に出てきます。

つまり、思い出されるのです。

あなたのインナーチャイルドが

「気づいて気づいて、私はここに居るよ!」

って言ってるようなものです。

それは、一度思い出して気づかれたなら、同時に手放されるので

もう向き合う必要さえなくなります。



あなたからその「ねばならい」や「べき」が消え去って

インナーチャイルドが成仏することで、そのスペースが明け渡されるので

その分だけ、自由が生まれるのです。

大きな重たい痛みの記憶ならば、その分大きく変容が起こって

ぽっかりとそこに穴が開いたように感じるかも知れません。

そしてその後は、そのテーマに関して心が揺れ動かなくなるために

不思議なほど楽になるのを体験するでしょう。



これが解放(覚醒、悟り)の道筋のひとつと言えるのです。

まあ、夢のうちですけどね(*^m^*) ムフッ













●クリックで誰でも遠隔ヒーリング
クリックで誰でも遠隔ヒーリングの説明はこちら


↓ ↓ ↓ 
一日一回20分間の「基本ヒーリングシャワー」が流れます


癒し・ヒーリングランキング

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「基本スティルネスヒーリングシャワー」が流れます

スピリチュアル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「浄化シャワー」が流れます

スピリチュアルヒーリング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村







覚醒へ向けての個人セッションと浄化用のヒーリングも提供しています。

ほんとうの自分へと帰る旅にご招待します。

無思考=無我=覚醒のための、サイレンスレゾナンスセッション

ヒーリングシャワー

こちらからどうぞ。。 沙羅双樹HOME





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment