頭のおしゃべりの壁と、空っぽのあなた - 二元と非二元、私と本質の私のあれこれ

頭のおしゃべりの壁と、空っぽのあなた


チロリアンランプ



相手を受け入れることは「受け入れよう」と思うことではなくて

そこに、相手に対する「拒否」がなくなり

相手の言動に「イライラ」を感じなくなることですが

相手にイライラを感じて拒否しているのに、受け入れようとしても、

それは徒労に終わるに決まっています。

だって、心の底で受け入れたくないのですから。

私たちの自我の構造って、こんな風にできています。



そしてそこから抜けるには、やはり気づくことが大事になってくるのです。

それはイライラを感じた自分に気づくことであり

受け入れたくないと思っている自分の心に気づくことですが

この時、気づいている意識は本質のあなたです。

純粋なところの、空っぽのあなたです。

そこには本来何もなくて

だからイライラもないし、拒否もない。

この根源の無のところから気づく、見つめるパワーはとても大きいのです。



ここに氷の塊(ネガティブな思い)があったとして

冷凍室(心の奥深いところ)ではカチコチに固まっていて、実態として感じていても

ある時、壁や天井に穴があいて明るい陽に照らされると、あれよという間に溶けて蒸発しますね。

そしてあたかも、そんなものは元々なかったよ?

って言ってるかのようになることと同じなのです。



ただこれは、声もなく形もなく何もないものですから

自我が自分と思い込んでるうちは

見えない聞こえない、それはつまり無い

ということになってしまいます。

だってそれは、最初から無ですし、空っぽの空(くう)ですから。



それでもあなたは見えないそこから生まれていて

今生限りの条件付きでここに有ります。

これは夢だけど有ると感じる、この世界限定の存在なのです。

かたや、あなたという実在は、時空を超えて常にここに在るのです。

生まれたり死んだりしない、永劫不滅の存在そのものです。

これほどに「有る」と「在る」は違うわけですが

「有る」は有無の有で、二元世界でこそ見えてくることであり

かたや「在る」とは存在の在で

他の何かに依らずにそれ自体で存在する本質のことです。




なので、見えない聞こえないから存在しないという理論は

もうすでにホコリをかぶった古い概念です。

あなたは元々ここに在って

だからこそ、その形ある声あるあなたが有る。

形と声のあるあなたは、自分を受け入れるための受信機で

色んな情報を受信しては、ふるいにかけて判断しますが

それらすべてを受け入れて、判断を手放したときにこそ

元々のあなた自身(在る)に還っていくことができるのです。



そんなゲームをこの世界でやっているわけですが

この受け入れと手放しは同時に起こります。

なので、思考で「受け入れよう」「受け入れなきゃ」と思ったとしても

自我である思考の働きだけでは、瞬時の受け入れと手放しは起こり得ないのです。

これにはどうにも気づき(存在)の介入が必要なわけです。

「ハッ」と気づいたそのときにこそ、それは起こり得ます。

何ということか、たったのこれだけ!



これは、自我の力では何かが出来るわけではないということを示しています。

存在に気づかれなければ、変化変容は起こり得ません。

それには、自我のおしゃべりが、その瞬時でも引っ込んでいる必要があることです。

絶え間なく流れ続ける頭のおしゃべりが壁となって、本質の光が差し込むことを許していないからです。



その、頭のおしゃべりが小さく遠くなるためには

何らかの浄化のパワーが必要でしょう。

あろうことか、この浄化パワーさえ本質の自分の光です。

浄化パワーで浄化されること、それさえ夢ですが、この夢の世界では夢の手法が使えます。

夢で夢の道具を使うなんて、まさに魔法のようなものですが

どんな方法でも良いのです。

沢山泣いたり笑ったりすることですら、浄化のパワーですからね。

大泣き、大笑いって、その時何も考えていない瞬間があるからです。



そうやって浄化が叶う(本質の自分自身に照らされる)ことで自我が薄まり

頭のおしゃべりの壁に隙間ができてくるわけです。

そうしてそこから顔をのぞかせた本質の自分の光のパワーが

あっという間にくるりと状況を反転させたりするわけです。

本質の在るのパワーなくして、物事は起こりません。

まあそれも夢の世界のことですがね。

本質の自分って、こんなことして遊んでる(リーラ)ってことです。



歴史上の救世主とか、覚者、賢者って、これです。

その人の、頭のおしゃべりの壁は隙間だらけでスカスカです。

それか、おしゃべりの壁自体が取っ払われてありません。

これが究極、自我が抜け落ちた人。

なのでその人はもう、人じゃなくっていますが

外形は見えるので、みんなは人だと思います。

でも、人ではなくなった人、というわけです。



ちょっとホラーみたいな感じしますけどね( ´艸`)ムププ













●クリックで誰でも遠隔ヒーリング
クリックで誰でも遠隔ヒーリングの説明はこちら


↓ ↓ ↓ 
一日一回20分間の「基本ヒーリングシャワー」が流れます


癒し・ヒーリングランキング

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「基本スティルネスヒーリングシャワー」が流れます

スピリチュアル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

↓ ↓ ↓
一日一回20分間の「浄化シャワー」が流れます

スピリチュアルヒーリング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村







覚醒へ向けての個人セッションと浄化用のヒーリングも提供しています。

ほんとうの自分へと帰る旅にご招待します。

無思考=無我=覚醒のための、サイレンスレゾナンスセッション

ヒーリングシャワー

こちらからどうぞ。。 沙羅双樹HOME





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment